良くないイメージはつきもの

オンラインカジノに対する世間のイメージ

実際のリアルなカジノはともかく、オンラインカジノは比較的歴史も浅く、日本人には馴染みがないギャンブルです。
このため、ネットを通したカジノゲームは、インチキや詐欺ばかりなのではないかというイメージがあります。
実際に、今オンラインカジノをプレイしているプレイヤーも、最初はインチキや詐欺ばかりではないのかというイメージを持っていた方は多いようです。

オンラインカジノは世界中に数千ものサイトが存在していて、中には払い戻しに応じなかったりプログラムに不正があったりとイカサマを繰り返す悪質カジノも存在しているようです。
しかし、一般的に大手と呼ばれるような知名度の高いオンラインカジノを選べば、こういった詐欺やイカサマはあり得ません。

通常、オンラインカジノに導入されているソフトウェア・プログラムは、外部の監査機関から監査を受けていますので、不正が出来ない仕組みとなっているからです。
よって、オンラインカジノは全てがインチキというわけではなく、信頼性や安全性が確立されているサイトもたくさんあるということになります。

こういうオンラインカジノには気をつけよう

オンラインカジノの人気はその他のギャンブルと比べてもかなり高く、ヨーロッパを中心として世界中のプレイヤーが日々一攫千金を夢見てゲームをプレイしています。
人気のあるサービスはどれも同じですが、その人気を利用し悪事を働こうとする悪質業者が現れます。
オンラインカジノは特にネット上のサービスであるため、そうした悪質業者がどうしても多くなってしまいます。
魅力的なボーナスプロモーションやゲームを提供していた場合、ついつい知らず知らずのうちに悪質オンラインカジノに手を出してしまうかもしれません。

そこで知っておきたいのが悪質オンラインカジノの手口、手段についてです。
その悪質オンラインカジノの手口の一つが個人情報の取得です。
登録後にスパムメールのが数が増えたりした場合は悪質オンラインカジノに登録してしまった可能性が考えられます。

そして、サポートの記載がなかったり、あっても連絡が通じなかったりする場合はまず悪質オンラインカジノと疑ってもよいでしょう。
サポートが使えないということは払い出しができないことも考えられます。
どこにも連絡できないのですから、お金を引き出せなくても対応してもらうすべがありません。

また、サイト上に掲載されていたボーナス条件と違っていたり、ゲームルールが変わっていたりする場合も注意が必要です。
基本的に優良と呼ばれるオンラインカジノにはこうした間違いはありません。

悪質オンラインカジノを上手く避ける方法

様々なことに注意を払い気をつけても、悪質オンラインカジノに登録してしまう可能性も捨てきれません。
自分は大丈夫と思っていても、気づいたら悪質行為に頭を悩ませているかもしれません。
悪質オンラインカジノを上手く避けるには、逆に優良オンラインカジノを選べばいいのです。

『優良オンラインカジノとは?』
と疑問を抱く方もいらっしゃると思いますが、優良オンラインカジノというのは、簡単にいえば誰でも安全に楽しめるサービスを提供しているオンラインカジノということです。

優良オンラインカジノを探すのは簡単です。実際に利用している人たちの口コミを参考にするだけです。
どんなサービスも同じですが、実際に利用している人たちの言葉ほど信頼できるものはありません。
特にオンラインカジノは海外のサービスであるため、同じ日本人の方の意見はとても参考になります。

多くの方が安全に楽しめている評価の高いオンラインカジノを利用すれば、自然と悪質オンラインカジノを避けることができます。

ライセンスを取得していることも見分けるポイントの一つ

基本的にオンラインカジノは、イギリスやマン島・ジブラルタル・フィリピン・マルタ共和国といった、カジノが合法とされる国から正式に認められ「お墨付き」で運営されています。

ライセンスが政府・国から発行され、そして許可を得て運営されています。
国によって審査基準は異なりますが、審査は非常に厳しいものであり、誰でも簡単に取得できるといったものではありません。

また、ライセンスを取得するためには、非常に高額なライセンス料が必要となりますので、資金力が必要となります。
特にライセンスの審査基準が厳しい国のライセンスを取得しているオンラインカジノは、非常に安心感が高く、詐欺やイカサマの可能性はないと考えて良いでしょう。

第三者機関からの監査を受けている

オンラインカジノの公平性を保つため、定期的に第三者機関が監査を行っています。
これは、オンラインカジノ業界で有名な「イーコグラ」などの監査団体が、厳しい監査を行います。

審査する項目は多岐にわたり、ゲームの公平性や、プレイヤーへの還元率に問題はないかなど、経営状態も含めて監査されます。
監査で不正が発覚すればライセンスが失効となり、企業の信頼性が地に落ちることになります。
オンラインカジノ業者側も、高額なライセンス料を支払い運営していますので、詐欺やインチキをするメリットはないと考えられます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。