問題があるオンカジ 問題ないオンカジ

インカジとは何か

ネットカフェのような空間でオンラインカジノが出来るという「インカジ」ですが、面白そうだなというイメージを持つ方も多いです。しかし、首都圏や歓楽街などを中心として見かける「インカジ」は摘発の対象となっています。
オンラインカジノは、自宅でプレイをする事が出来るというものですが、インカジは、こちらのオンラインカジノが、ネットカフェのような店内で出来るというお店になります。双方は同じように見えますが、実は全く異なり、逮捕されてしまう対象となるかどうかも違ってきます。

代表的なインカジの様式

オンラインカジノを店内で提供している「インカジ」の摘発が相次いで行われています。インカジは、その名前の通り、インターネットカジノです。インターネットカジノを、ネットカフェのような店内で、客へと提供しているのがインカジです。
インカジは、サイト側と客の儲けを折半しているところもありますし、端末を使って、オンラインカジノを提供し、金銭のやりとりを店舗で行っています。
このため、賭博罪となってしまい、国内で摘発の対象となっています。こちらのお店の経営者はもちろんですが、足を踏み入れて、カジノをプレイしている人も、警察に見つかれば、その時点で逮捕されてしまう可能性が高いです。

インカジのさまざまな特徴

そのほかにも、インカジには、さまざまな特長があります。インカジは、看板を持たず、首都圏を中心として、繁華街でひっそりと営業されています。初心者は、キャッチなどについていくことで、インカジを見つけるケースが多いです。多くのプレイヤーは、カジノはどう?とキャッチに導かれてやり始めた人ばかりなので、こういったキャッチにはついていかないようにすることが必要です。

インカジは摘発が頻繁になっており、逮捕されてしまうのはいつか分かりません。このため、足を踏み入れないことが大切なのです。

オンラインカジノとはどのように違うの?

オンラインカジノとインカジは似ているようで、全く異なっています。オンラインカジノは、元々、イギリスやフィリピンなどの海外諸国で、政府に公認となっている合法的なギャンブルとなっています。個人がパソコンでプレイをする分には日本の法律だけで裁くことは出来ません。
日本人が海外でカジノをプレイするのと同様に、お咎め無しとされているのです。
しかしインカジはこれとは全く異なり、日本の業者が店舗内で胴元として金銭のやりとりを行い、賭博の場を提供していることから、賭博罪となってしまいます。

オンラインカジノそのものは合法的に運営されているので違法ではありませんが、問題なのはインカジの存在なのです。

摘発者が急増しているインカジ

2006年に、京都のインターネットカフェで、海外のオンラインカジノを利用し、賭博をさせていたということで、経営者が逮捕されるという事件がありました。
海外のオンラインカジノを使って、賭博をさせていたということで逮捕されるのは、日本国内でも初の事件ということで、話題となりました。
こちらは、フィリピンのオンラインカジノを店で出来る仕組みとなっており、客に、バカラ、ポーカーなどをさせていたそうです。
現金の払い戻しも店内で行っていたようで、ゲームカフェと書いて、宣伝を行っていました。

インターネットのオンラインカジノは、誰でも参加をすることが出来ますが、このような、インターネットのオンラインカジノを使って呼び込む、インカジについては違法となり、摘発の対象となっています。

オンラインカジノが野放しだった理由

このように、インカジが摘発されているのにもかかわらず、オンラインカジノが野放しだった理由はなぜなのでしょうか。
まず、個人でオンラインカジノにアクセスする場合には、合法国で許可されているカジノでプレイをすることになります。
海外のカジノで、日本人が遊ぶように、罪に問うことが出来ないという面があります。

また、海外を拠点としているオンラインカジノの場合、サーバーが複数にあり、またシステムの立証をすることが難しかったという面があります。
国内からのオンラインカジノへの参加も一概に合法とはいえないのですがこういった面で、違法性を立証することが難しく野放しとなっていたのです。

今後もリスクがあることをしっておく

このように、カジノカフェであるインカジが摘発となっており、頻発に摘発されています。
だからといって、自宅からのオンラインカジノへの参加がリスクがないというわけではありません。
最終的には個人からのパソコンでオンラインカジノへアクセスしている分も規制される可能性もありますので、慎重になる必要があります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。